ディーラー下取り

ディーラーで下取りするメリットなんかない!?

 

愛車の買い替えを検討されている方の中には、
買取に出すか下取りに出すかで悩まれている方も少なくはないのではないでしょうか。

 

下取りに出すよりも買い取りの方が、良いという人も居らっしゃいます。

 

買取業者に査定を依頼すると、ディーラー下取りよりも金額が高くなっていることが圧倒的に多く、
ディーラー下取りに出すメリットがあるようには思えませんよね。

 

しかし、もしもディーラーに下取りを出すメリットがあるのならば、
手軽なディーラーに下取りを出したいと思われている方も少なくはないはずなのです。

 

どういう事かというと、買取業者へ初めて依頼をする方の中は、
本当に大丈夫か、騙されないかなど色々な心配をしながら依頼をされるはずです。

 

そんな不安の中、インターネットなどで買取業者の情報を集め、
評判などを吟味してここだという買い取り業者を見つけるのですが、
正直車一台を売却するだけにしては、かなりの労力が必要になるのです。

 

そんな中、ディーラーに下取りを出すメリットはあるのでしょうか。

 

今回は、ディーラー下取りのメリットがあるのかをご紹介します。

 

 

ディーラー下取りはお手軽

 

ディーラーに下取りを出す最大のメリットは何よりも手軽という事ではないでしょうか。

 

どういうことかというと、前述したとおり買い取り業者を探すのには、
かなりの手間が掛かる事が多いです。

 

しかしディーラーであれば、最寄りのお店に行くか、
現在乗られている車の担当営業になっている方に連絡をするとすぐに下取り査定をしてくれます。

 

この様にディーラー下取りであれば、査定をしてもらうまでに
早ければ数分でアポを取れる手軽さがあります。

 

また、買取店へ売却をする場合は、ディーラーとの車の購入の交渉と
買取店への買い取りの交渉を同時にしなければいけません。

 

この二社との交渉は意外と大変なのですが、ディーラーに下取りを出す方向で話を進めると、
下取り金額の交渉も、購入する車の値引き交渉も一人の営業マンとすると良いのでとても楽なのです。

 

しかし、交渉が一本化できても金額は高くなりませんので、
まだまだ買取店に売却する方がメリットが大きいでしょう。

 

更には、探すのには手間が掛かりますが、ネットや電話で依頼をすると
買い取り会社とも案外簡単にアポを取る事が可能なのです。

 

 

買い取り業者でも代車が借りられる

 

一昔前であれば、買取業者に売却すると、代車を貸してもらえない等、
納車まで乗る車が無くなるなどの心配がありました。

 

しかし、最近では買い取り会社でも納車までの代車を貸してもらえるようになってきているようです。

 

買取業者よりも提示金額が安い、代車が用意できるのも
ディーラーの特権では無くなったとなると
ディーラーへ下取りを出すメリットはないも同然なのではないでしょうか。

 

もしも今下取りか、買取かで迷っている方は、
断然買い取り会社に依頼をするべきだと言えるかと思います。

 

買取業者に依頼して少しでも高く売れる事が、損をしない方法ですよ。